株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >NEWS
  • >セミナー情報
  • >【受付中】3月29日(日) アドバンスド・コーチへの道「質問力を上げる~原点回帰編」10時~17時
セミナー情報

【受付中】3月29日(日) アドバンスド・コーチへの道「質問力を上げる~原点回帰編」10時~17時

2020.01.23

コーチングセミナー「アドバンスコーチへの道 “質問力を上げる~原点回帰編”」を開催します。

◆開催日時/3月29日(日) 10時~17時
◆開催場所/都内
◆定 員/20名
◆内容
・コーチングでの質問、普通の質問とどう違う?
・オープン、クローズド、二つの質問、侮れがたし
・チャンクダウン、チャンクアップ、さながらジェットコースター
・質問の意図は、テクニックをスキルに変える
・問いの共有ができれば、コーチングするを手放せる
※エクササイズとディスカッション中心です。
◆参加対象の方
・ひととおりコーチングを学んだ方
・今現在、コーチングを学んでいる方
・既にコーチングの仕事をしている方
・コーチングをマネジメントや業務に活かしている方
・将来、プロのコーチとして仕事がしたいと思っている方
・相手がよりよくなるように、コーチングを活かしたいと思っている方
・ひとつ上のコーチの資格を目指している方
・何よりも、真摯に誠実にコーチングに取りくみたいと思っている方
◆その他
 <ICF継続学習単位>コアコンピテンシー 6単位

こんにちわ。34
コーチの猪俣恭子です。
よく「コーチングっていいの?」と聞かれますが、
コーチングがどれくらいよかったかは、ひとえに「コーチの質問力」にあります。
なぜなら、人の思考は質問された方向にしか流れないからです。

その質問は、思わず「考えたくなる」質問だったか、否か。
その質問は、はっとした「気づき」が生まれた質問だったか、否か。
その質問は、「自己肯定感」が上がる質問だったか、否か。
その質問は、「行動したくなる」質問だったか、否か。

ならば、一体どんな質問がよいのでしょう?!

残念ながら、世の中に「この質問をすれば上手くいく」なんて、
そう都合のよいものはありません。
そのままでは単なる一文にしかすぎない「質問のカタチの文」。
それをコーチングという会話の中で、
コーチがどれくらい命を吹き込めるかに、
コーチングの優劣はかかっています。

最終的にそうなる状態は目指すとしても、
今回のセミナーでやることは、基本に立ち返ることです。
全てにおいて言えますが、
技術上達の「秘訣」は「基本」にしかありません。

故に、サブタイトルは「原点回帰」。
セミナー内容は、知っているものばかりかもしれません。
しかし、「コーチングの質問の効果」について、
その力たるものを知る、新鮮な驚きを感じる一日に間違いなくなります。

コーチングを学ぶとは、「人について学ぶ」と同様。
豊かな時間を一緒に創ってまいりましょう。

◆お申込み

 こちらからお申込みください。
 「お問い合わせフォーム」の「お問い合わせ内容」に、次のように入力ください。
 【入力例】
  「3月29日 アドバンスド・コーチへの道 参加希望」
 追って、事務局の中尾よりお返事いたします。

◆受講費用

 22,000円(税込)
 ※キャンセル料金の申し受けについて
  (1)実施日の6営業日まで…なし
  (2)実施日の5~2営業日まで…受講費用の50%
  (3)実施日の前日・当日…受講費用の100%

◆受講した方の感想

中尾仁美さん(コーチ、研修講師)

「コーチングの上達を実感し、一生もののコーチングを手に入れる」
信頼関係を築く、個別対応、コーチングフロー。コーチングの基本であり、既に知っていることを、ここまで深く探求するセミナーは他にはありません!
セミナーではこれらがクライアントの成長にどう結びつくのかを考え抜き、実践のコーチングの中でどう行うかを習得できます。
猪俣コーチが受講者のできているところや課題をPCCマーカーに沿って丁寧にフィードバックしてくれるので、自分のコーチングのレベルやどこを目指せば良いかが明確になりました。
「自分のセッションはこれで良いのか?」「我流のコーチングになっていないか?」と不安のあるコーチは是非!このセミナーへの参加をお勧めします。

●伊藤三恵さん(コーチ、研修講師)

「コーチって何する人?」
私が参加した時の事前課題がこれでした。
ちょっと衝撃な問いですよね。
「コーチはコーチングをする人」。
シンプルなこのメッセージを深く考えた時間でした。
それは、基本に立ち戻り、再確認し、疑問がわき、新たな発見がある。セミナーは3回ですが、そのプロセスの中で自らが考える、行動する、学習する。
まさに「コーチングが起こっている」でした。
何より私の収穫は「探求の面白さ」。これは、猪俣コーチはじめ参加したメンバーとのやり取りから得られたこと。
コーチング…まだまだ奥深い。
ぜひ一緒に探求していきましょう!