株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >NEWS
  • >セミナー情報
  • >【終了しました】12月9日(日) コーチ座コーチ「第5回 Let’s enjoy! コーチング・カンバセーション!」10時~17時
セミナー情報

【終了しました】12月9日(日) コーチ座コーチ「第5回 Let’s enjoy! コーチング・カンバセーション!」10時~17時

2018.10.30

34こんにちは。コーチの猪俣恭子です。
12月9日(日)にコーチングセミナーを開催いたします。

今回のセミナーのキーワードは、
「アイディアが生まれる対話をともに創る」です。

自分のコーチ力をがどれくらいか知りたい、
コーチ力を高めたい、
他のコーチのコーチングから多くを学びたい、
という方にぴったりの一日です。

最近、コーチって何する人ですか? と聞かれ、語ることが多くなりました。
コーチは、「クライアントが自由にアイディアを話せるコミュニケーションの場、つまりコーチング・カンバセーションを軽やかに創る人」です。
そもそも「答えは相手の内側にある」といえども、
気づきは、そういうコミュニケーションの場でなければ生まれません。
気づきが生まれれば、新たな視点が見えます。
新たな視点が見えてくれば、視野が広がります。
視野が広がれば、行動の選択肢が増えます。
行動の選択肢が増えれば、可能性が拡がります。
可能性あるからこそよりよい対応が考えられ、
他の誰でもなく、自分自身で最良の選択ができるようになります。
そうなった時に、人は未来に向けて自信をもって行動できるようになります。

一体、どうしたらそのようなコーチング・カンバセーションが起こせるのでしょうか
果たして、今の自分はどれくらいできているのでしょうか?

その答えは?
PCCマーカーの世界に見つけることができます。
  (PCC(プロフェッショナル認定コーチ)アセスメント・マーカーとは…国際コーチ連盟は、
   コーチングのスキルレベルを測る基準として、「コーチのコアコンピテンシー」を定め
   ています。PCCアセスメント・マーカーは、認定試験を受ける人に対し、そのコンピテ
   ンシーに基づいたコーチングを実践しているかどうかを評価するために開発されたもの
   です。)

当日はコーチングエクササイズが中心です。
コーチをする、コーチを受ける、そしてオブザーブしてフィードバックし、フィードバックを受けて活かす体験は、コーチングのスキルアップに欠かせません。

12月9日は、コーチとしての自分の成長を確実に実感できる一日になります。
あなたと当日お会いできるのを楽しみにしています。

※ <<ICF継続学習単位について>>
 コアコンピテンシー 6単位

P1190570開催日 12月9日(日) 10時~17時
(受付開始9時30分~)
場 所 都内
定 員 20名
参加対象の方
 ・ひととおりコーチングを学んだ方。
 ・今現在、コーチングを学んでいる方。
 ・既にコーチングの仕事をしている方。
 ・コーチングをマネジメントや業務に活かしている方。
 ・将来、プロのコーチとして仕事がしたいと思っている方。
 ・相手がよりよくなるように、コーチングを活かしたいと思っている方。
 ・現在持っているコーチの資格の次のレベルを目指したいと思っている方。
 ・何よりも、真摯にコーチングに取りくみたいと思っている方。
内 容 
 ・全体ラボ・タイム~PCCマーカーの世界観を読み解く
 ・コーチングデモンストレーション
 ・コーチングエクササイズ実施 (1グループ3人)
 ・全体振り返り
参加費用 5,000円
申し込み
 「お問い合わせ」ページよりお申込みください。
  「お問い合わせ内容」に「12/9 コーチングセミナー」と
   ご入力ください。 

・・・・・

◎参考/今までコーチング勉強会に参加された方たちの感想

 ・色々な視点からフィードバックを伝えていただき、「人を活かす」という意味での視点が
  増えました。
 ・私たちへの改善点であっても、事実を中心に建設的な方法でアサーティブに伝えてくれた
  ので受け入れやすかったです。場をネガティブな雰囲気にしないという話し方を真似した
  いと思いました。
 ・参加者一人ひとりへの接し方にリスペクトが感じられ、参加意欲が高くなりました。
 ・承認する言葉をたくさんいただきましたが、決して嫌味に感じませんでした。このような
  承認ができるようになりたいと思いました。
 ・参加者の発言に対し、的確に質問やコーチングをしてくれるので、その場が非常に充実し
  たものになりました。
 ・エクササイズの後の論理的な解説がわかりやすかったです。
 ・受講後、クライアントの方から「コーチングが変わりましたね」と言われました。起きる
  気づきの深さが違ってきたそうです。
 ・以前よりも、クライアントの話を言葉だけを追うのではなく、言葉の背景にあるもの、価
  値やニーズ、感情も含めて、聞きとれるようになりました。
 ・コーチしよう!と前のめりになっていたのが、リラックスしてコーチングに臨めるように
  なったのが、一番の収穫です。
 ・クライアントから次の感想をいただきました。
  「以前は周囲の小さなことが気にかかり、集中できないことが多かった。○○さんのコー
   チングを受けるようになってから、相手は相手と認め、自分ができることは何かと考
   え、動けるようになった」と。
  学んだことが、自分のコーチングセッションで活かせた成果と思います。
◎コーチ座コーチとは
 コーチングがもっと上手になりたい!
 そう思う方のために「コーチ座コーチ」という名前でコーチングの勉強会を開きました。
 キャッチフレーズは、“Make it fun!”。
 “座”というのは、多くの人が集まるところ、という意味があります。
 本気でコーチングに取りくむ気持ちがある人が集い、学ぶことも、
 チャレンジさえも軽やかに楽しむ。
 参加者一人ひとりは、その場のかけがえのない存在。
 ともに磨きあう関係がそこに生まれるからこそ、
 コーチングの知識やスキルがより早く自分のものになります。
 そのような願いを込めた学びの場です。