株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >NEWS
  • >セミナー情報
  • >【終了しました】第一期講志塾「人が育つ研修の“場”はこうして創る~コーチング研修編」
セミナー情報

【終了しました】第一期講志塾「人が育つ研修の“場”はこうして創る~コーチング研修編」

2018.05.02

こんにちは。コーチの猪俣です。

□コーチング研修ができるようになりたいが、どうやっていいかわからない
□コーチング研修を既にしているが、内容をもっと見直したい
 ・わかりやすい話し方ができるようになりたい
 ・受講者と活発なやりとりができるようになりたい
 ・受講者が飽きない研修にしたい
 ・具体的な課題と改善方法を知りたい

そのような方たちのために「講志塾」を開講します。
参加されると、講師としての自分の強みと課題がわかりますので、今後の成長プランがはっきりします。
さらに、猪俣が日ごろ実施しているコーチング研修をデモストレーションとして受講いただき、そのスクリプトもさしあげますので、学びがいのある大変貴重な講座内容となっております。

◆講志塾を受講してのベネフィット◆

《あなたの変化》P1030004
・緊張して頭が真っ白になってしまう
  ⇒ 緊張とつきあいながら、伝えたいことをきちんと受講者の心に響かせることができる
・準備したことを話すことで精一杯になってしまう
  ⇒ 受講者との対話を通して、受講者に気づきがうまれる場づくりができる
・受講者の態度に反応し、講師としてやるべきことができなくなる
  ⇒ 受講者がどのような態度をとっていようが、講師として毅然としていられる
・「あの講師のように」と意識してやっているが、同じようにはいかない
  ⇒ 「あの講師のように」ではなく、自分の強みを活かしながら、
講師として自信をもってその場にいられる
《受講者の変化》
・おとなしく消極的な受講態度である
  ⇒ 講師の問いに考えるようになり、発表するようになる
・「ああ、よかった」という感想はあるが、現場で実践につながらない
  ⇒ 研修での気づきや学んだことや行動プランを現場で実践するようになる
・周囲の環境(会社やそれ以外の場)に対し、何をしても変わらないとあきらめている
  ⇒ 自分にできることを考え、周囲に働きかけながら変化を起こせるようになる

◆担当ファシリテーター 猪俣恭子◆

株式会社story I 代表取締役。写真
国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般財団法人生涯学習開発財団認定マスターコーチ
Coachacademia認定メンタークラスコーチ
米国CCE,Inc.認定 GCDF-Japanキャリアカウンセラー
国家資格キャリアコンサルタント
研修実績 約1,500回(16年間)、コーチング実施時間 約2,900時間(13年間)

◆講座内容◆

《開催場所、日時》
・開催場所/東京都内
・開催日時(全三日間)
 ・1日目 7月2日(月)
 ・2日目 7月9日(月)
 ・3日目 7月23日(月)
  ※ 三日間とも9時30分~17時(受付 9時15分~)
  ※ 各回の間にフォローセッションあり
《特典》
・研修のスクリプト(台本)
《概要》
イメージ2
●1日目
・講師としてのビジョン
・研修のデモンストレーション
・他の講師との違いをつくる(1)
 ・研修で用いる「事例」を
  とにかくわかりやすく解説する
   →「根拠」を見せて信頼性を高める
 ・受講者の共感を大いによび、
  行動したくなるような「体験」を語る
   →「わたしの体験」を魅力的にする
●2日目
・プレゼンテーション
 ・研修で用いる「事例」を解説する
 ・「体験」を語る
・他の講師との違いをつくる(2)
 受講者が主体的に成長していく場をつくる3つのセオリー
  ・参加者の自己表現を促す「聞き方」
  ・参加者の自己肯定感と自己効力感を高める「承認」
  ・参加者に気づきと行動を促す「質問」と「フィードバック」
・こんなときどうする?
 ・緊張したら?
 ・苦手意識を感じる受講者には?
●3日目
・摸擬研修(20分)
 ・ビデオ撮影、振り返り、検証
・今後の行動計画
 ・講師としての自分の課題と強み
 ・今後の目標設定とアクションプラン
《定員》
6名(2名以上で実施します)
《受講費用》
200,000円(税別)のところ、
一期生参加特典として150,000円(税別)

◆猪俣からのメッセージ◆

いのまたコーチング研修のプログラムに込めている想いがあります。
それは、短い時間でも十分にお互いに成長しあえる会話はできるということを受講者に届けることです。
イメージは三分間コーチングです。
上司が部下に、先輩が後輩に交わす会話に、お互いに成長しあえるようなコミュニケーションスキルを一つだけ加えるくらいのイメージです。
例えば、三分間だけ部下の話しを懸命に聴く。
それこそ、今まで生きてきた中で一番の聞き上手になったつもりで。
業務の確認だけしていた会話に、一つだけ質問をいれてみる。
例えば「これができたらどんないいことがお互いにあるかな」などのように。
そしてお互いに、明るい未来をほんのちょっと想像してみる。
このような会話をともに創りあえることで、ともに成長できるような職場になっていくと信じています。
こうした職場があちらこちらに広がれば、働くことが楽しいと思える人が増えることにもなりますから、世の中がよりよくなっていくことは想像に難くありません。
三分間の会話の質を高める。
三分間の会話を継続することで、お互いの意欲を高め、お互いに目標に向けて行動を起こし、お互いのアカウンタビリティを引き出しあえてしまうような関係ができてしまう。
私は、これらを可能にする研修プログラムを開発し、講師として学び続けることも大切にしています。
当日は、講師としてのビジョンも参加者同士で共有したいと考えております。
あなたのご参加を楽しみにお待ちいたします。

◆お申込み◆

お問い合わせ」ページよりお申込みください。
「お問い合わせ内容」に「第一期講志塾」と入力ください。

◆受講された方のお声◆

岩本美恵子さん(コーチ・行政書士)
岩本美恵子この講座を受ける前は研修を行うと緊張で頭が真っ白になり、資料を棒読みしてしまう、質問に答えられなかったらどうしようと不安になってしまう、こちらが一方的に話しているだけで相手の反応がイマイチ。というようなことがありました。
フォローセッションでは「岩本さんは受講者にどうなって欲しいの?」と質問を受け、私は、ただコンテンツを、これをやれば、盛り上がるから、とこちらの都合で組み合わせていただけだったという事に気が付きました。
そんな研修では、受講生との間に距離が出来るのは当然です。
講座では、冒頭の自己紹介から、その研修内容の伏線を張り、意図を持って進めていくやり方を猪俣さんの研修デモを通して学びます。だから、今では、受講生からの質問も怖くありません。その質問は全て、研修の時間をより、深くしてくれるものですから。
「受講者の意識と行動変容を促せるような理想的な研修の場をつくる」
その為に大切なことを全てこの講座では手に入れました。また、誰かの真似では無く、自分の講師としての強みや、その活かし方も分かりました。
現在、私は講師として活動し、「今までの研修で1番良かったです。」という感想も頂いていますが、講志塾を受講していなかったら、今でも受講生の反応に悩んでいたと思います。今の私があるのは講志塾のおかげです。
もし、自分の研修に自信がない、受講生の反応に悩んでいるなら、この講座を受講する事をお勧めします。

・・・・・・・・・・

◆キャンセルポリシー◆
※キャンセル料金の申し受けについては、次のようにさせていただきます。
(1)実施日の6営業日まで…なし
(2)実施日の5~2営業日まで…研修料金の50%
(3)実施日の前日・当日…研修料金の100%