株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >NEWS
  • >セミナー情報
  • >【お申込み受付中】コーチングの上達が実感できるコーチングセミナー~アドバンスコーチへの道 プロフェッショナル編~
セミナー情報

【お申込み受付中】コーチングの上達が実感できるコーチングセミナー~アドバンスコーチへの道 プロフェッショナル編~

2018.06.27

コーチングを学びセッションをしていると、次のような壁に誰でもあたります。P1190557

□コーチングが上手くいっているのかどうか手ごたえがないので、自分のセッションに自信がない
□クライアントから高い満足が得られるコーチングになっている気がしない
 ・ワンパターンのセッションになってしまい、クライアントの視野が広がらない
 ・コーチングのスキルは理解しているが、場当たり的にスキルを使っているようで、
  セッションに発展性が感じられない
□効果的な練習法がわからない
 ・セッション時間が増えれば上手くなるとアドバイスをされるが、
  ただ漫然と回数をこなしても上手くなる気がしない
 ・自分が今どれくらいのレベルで、できているところや課題がはっきりわからないので、
  何をどのように取り組めばいいのかあいまいだ
□そもそも、上手くいっていないコーチングがどういうコーチングなのかがよくわかっていない

コーチングがもっと上手くなりたいというあなたの思いを叶えるために企画したのが、このセミナーです
「ベーシック編」「アドバンス編」「プロフェッショナル編」とステップアップをはかる三本立てです。
今回の参加申し込みの対象は、「アドバンス編」です。

◆セミナーの目標

クライアントの成長に貢献するコーチングが提供できるコーチになることです。
クライアントがよりパワフルな「思考者」「学習者」に、そして人生を自ら「デザイン」できる人へと前進できるコーチングを目指します。

◆参加対象の方

P1190570
・ひととおりコーチングを学んだ方
・今現在、コーチングを学んでいる方
・既にコーチングの仕事をしている方
・コーチングをマネジメントや業務に活かしている方
・将来、プロのコーチとして仕事がしたいと思っている方
・相手がよりよくなるように、コーチングを活かしたいと思っている方
・ひとつ上のコーチの資格を目指している方
  ・ICF(国際コーチ連盟)プロフェッショナル認定コーチ
  ・ICF(国際コーチ連盟)認定マスターコーチ
  ・生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
  ・生涯学習開発財団認定マスターコーチ
・何よりも、真摯にコーチングに取りくみたいと思っている方

◆セミナーを受講しての効果

 《あなたの変化》
 ・テクニックに頼るコーチング ⇒ 意図と戦略をもったコーチングへ
 ・コーチングフローを使うだけのコーチング
   ⇒ コーチングフローを自由自在に行き来できるコーチングへ
 ・クライアントの話す言葉しか捉えられないコーチング
   ⇒ クライアントの背景を捉えるコーチングへ
 ・承認だけのコーチング
   ⇒ 学びと気づきを促す質問とフィードバックが存在するコーチングへ
 ・コーチが一生懸命になるコーチング
   ⇒ クライアントとコーチがパートナーになるコーチングへ
 《あなたのコーチングを受けてのクライアントの感想の変化》
 ・コーチからいい話が聞けた ⇒ 自分の答が見つかった
 ・コーチに頼りたくなった ⇒ 自分でなんとかしたいと思えるようになった
 ・やる気が起きた ⇒ やる気はいつでも自分で起こせることがわかった
 ・堂々巡りだった ⇒ 自ら現状打破のアイディアが生まれた
 ・いい気分になった
   ⇒ 時として心の痛みにも向き合ったが、心のありようが強くなった
 ・やりたいことがはっきりした ⇒ やりたいことができた

◆担当コーチ 猪俣恭子

 ◆《コーチ猪俣の参加者へのお約束》
  ・あなたのコーチングの強みと課題をフィードバックします
  ・コーチングスキルやフロー、そのコーチングアプローチがどのようにクライアントの成長に
   つながるのか根拠と理由を丁寧に解説します

◆コーチングを通してのビジョン

 パワフルな思考者へと人は成長するIMG_1949

コーチングを学び、実践していくと、人は自ずとそのように成長していくと私は信じています。
自分で考え、自分で行動し、結果にも責任がとれる人。
そういう人たちが世の中に、一人、また一人増えることで、未来は確実によりよくなっていくのではないでしょうか。

今回のセミナープログラムは、
既にコーチングを学び実践している私たちが、
コーチングというものを一歩踏み込んで検証し、探求しながら、
「人を活かす」「自分自身も活かす」という本質にふれる時間になるように創りました。
ベースにあるのは、やはり、「コーチのコアコンピテンシー」です。

  私たちが、コンピテンシーを表現しているコーチであり、
  そのようなコーチングを私たちが提供していくことで、
  アカウンタビリティの高い人たちが世の中にじわじわと広がっていく

そのようなビジョンを一緒に実現していきませんか?
私たちコーチがグレードアップすることで、
より豊かな影響を身近な人たちに与えられるコーチになるに違いありません。
このコーチング探求の旅をともに楽しみ、
ともに学べることを期待しつつ、あなたのご参加をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆セミナー概要

 開催場所/都内
 実施時間/10時~17時
 定員/12名
 ※全三日間の受講です。
※基本的には三日間とも参加いただきますようお願いいたします。
  受講できない日は別途振替可能です。
  日程は決まり次第、HPでご案内します。
  (それでもご都合がつかない場合は、相談の上、個別フォローいたします)
●お申込み
 こちらからお申込みください。
 「お問い合わせフォーム」の「お問い合わせ内容」に、次のように入力ください。
 (今回は、「ベーシック編」のみの受付です)
 【入力例】
  5月開始アドバンスコーチへの道に参加
●受講費用
 ・ベーシック編 75,000円(税込)
   ・早割り 受講費用振込 1月18日まで 67,500円(税込)
 ・アドバンス編、プロフェッショナル編 97,500円(税込)
  ※「プロフェッショナル編」申し込みについて
    早割り 受講費用振込 10月18日(木)まで 87,500円(税込)
  ※キャンセル料金の申し受けについて
   (1)実施日の6営業日まで…なし
   (2)実施日の5~2営業日まで…受講費用の50%
   (3)実施日の前日・当日…受講費用の100%

◆受講した方の感想

中尾仁美さん(コーチ、研修講師)

「コーチングの上達を実感し、一生もののコーチングを手に入れる」
信頼関係を築く、個別対応、コーチングフロー。コーチングの基本であり、既に知っていることを、ここまで深く探求する講座は他にはありません!
講座ではこれらがクライアントの成長にどう結びつくのかを考え抜き、実践のコーチングの中でどう行うかを習得できます。
猪俣コーチが受講者のできているところや課題をPCCマーカーに沿って丁寧にフィードバックしてくれるので、自分のコーチングのレベルやどこを目指せば良いかが明確になりました。
「自分のセッションはこれで良いのか?」「我流のコーチングになっていないか?」と不安のあるコーチは是非!この講座への参加をお勧めします。

伊藤三恵さん(コーチ、研修講師)

「コーチって何する人?」…ベーシック編の事前課題がこれ。ちょっと衝撃な問いですよね。
「コーチはコーチングをする人」。
シンプルなこのメッセージを57日間、深く考えた時間でした。
それは、基本に立ち戻り、再確認し、疑問がわき、新たな発見がある。セミナーは3回ですが、そのプロセスの中で自らが考える、行動する、学習する。
まさに「コーチングが起こっている」でした。
何より私の収穫は「探求の面白さ」。これは、猪俣コーチはじめ参加したメンバーとのやり取りから得られたこと。
コーチング…まだまだ奥深い。
ぜひ一緒に探求していきましょう!

◆内容紹介

【ベーシック編】コーチングの型(守破離の守)の習得と実践

コンセプト/「コーチとクライアントのパートナーシップの構築」と「アクティブリスニング」にフォーカスした内容です。これらの知識とスキルを習得し、「アドバンス編」での「フィードバック」と「質問」のスキルアップにつなげていきます。

実施日 内容
1日目 2月18日(日) ・コーチとクライアントのパートナー関係を築くためのセオリーとは
 ・キーワードは、安心感・自信・行動
・コーチングフローを紐解く
 ・フローのステップの意味
 ・同意を取り交わすことの意義
・聴くということ
 ・話し手に集中して聴く
・アクティブリスニング~行動の原動力となるものを聴きとる
 ・価値
  ・価値って何?
 ・価値の見つけ方
 ・わたしの価値は?
  ・価値を見つける質問
  ・価値のリスト
  ・価値を活かすコーチング
・コーチングエクササイズ(総合演習)
・振り返り
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング
2日目 3月18日(日) ・HW振り返りのコーチング
 ・学びを促し行動を促す
・個別対応ブラッシュアップ~コミュニケーションの4つのタイプ
 ・コミュニケーションのタイプ別コーチング=強みを活かすコーチング
  ・4つのタイプの特徴
  ・タイプ別コーチングの検証。それって本当?
  ・タイプ別コーチングの実践
・コーチングエクササイズ(総合演習)
・振り返り
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング
3日目 4月15日(日) ・HW振り返りのコーチング
 ・学びを促し行動を促す
・アクティブリスニング~行動の原動力なるものを聴きとる
 ・強み
  ・強みって何?
  ・強みの見つけ方
  ・わたしの強みは?
  ・強みを活かすコーチング
・コーチングフローの実践~価値・強み・タイプ別コーチング~
・三ケ月間の振り返り、宣言
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アドバンス編】
クライアントのものの見方、捉え方を拡げ、パワフルに行動を促すコーチングの実践

※全三日間。三日間とも参加いただきますようお願いいたします。

実施日 内容
1日目 5月20日(日) ・コーチのスタンス
 ・批判者 × 学習者
・相手の捉え方を聞く、聴こえたことを返す(フィードバック)
 ・アクティブリスニング
  ・ビリーフ(前提)
   ・ビリーフとは何?
   ・どうやって聴きとる?
  ・思い込み(レッテル)
   ・思い込みとは?
   ・どうやって聴きとる?
・ビリーフ(前提)・思い込み(レッテル)のコーチングの活用法
 ・セルフトークマネジメント
 ・被害者意識から学習者へと転換させる問い
・振り返り
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング
2日目 6月17日(日) ・HW振り返りのコーチング
 ・学びを促し行動を促す
・コーチングフローを十二分に活かす
 ・質問で視点を変えるという観点から
・質問することの意味。答えの共有から、問いの共有へ
 ・質問の力
 ・「何」ではなく「意図(what for)」を問う効果
 ・質問に生命を吹き込む
  ・視点を動かすことの意味とその質問
   ・時間軸、空間軸、人軸
   ・チャンクの移動
  ・ビジョンを描くことの意味とその質問
  ・目標を設定することの意味とその質問
  ・コミュニケーションのタイプ別質問
   ・タイプを活かした質問
   ・タイプごとの課題をクリアにするための質問
・沈黙のスキル~沈黙の時間からクリエィティブは生まれる
・振り返り
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング
3日目 7月15日(日) ・コーチは伝えるプロ~率直なコミュニケーション
 ・フィードバックのスキル
  ・意味と効果
  ・フィードバックをする、リクエストする、受ける、活かす
 ・リクエスト、提案のスキル
  ・意味と効果
  ・シンプルにリクエストする
  ・シンプルに提案する
 ・アサーティブであり、アサーティブに伝える
・コーチングフローの実践
  ~ビリーフ・思い込み・質問・率直なコミュニケーションを意識して~
 ・デモンストレーション
   フィードバックコンテスト
 ・三人一組でコーチング→三人で検証→もう一度リトライ&振り返り
・三ケ月間の振り返り、宣言
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【プロフェッショナル編】コーチング・カンバセーションのグレードアップ

※全三日間。三日間とも参加いただきますようお願いいたします。

実施日 内容
1日目 11月18日(日) ・自分のコーチングの癖、パターンは? そして、新しいパターンを取り入れる
・コーチングロールプレイ
 ・アドバイスする、しない
 ・メンタリングする、しない
 ・カウンセリングする、しない
 ・ティーチングをする、しない
 ・コンサルティングをする、しない
・コーチングのケーススタディ
 ・コーチング戦略立案
 ・戦略にそったコーチングの実践
・コーチングエクササイズ
・振り返り
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング
2日目 12月16日(日) ・アセスメントを活かしたコーチングの実践
 ・アセスメントとは
 ・アセスメントを使う時のポイント
 ・実践
  ~アセスメントを使ったコーチングを通し、クライアントの人生をよりよくしていく
  ・コミュケーションスキルアセスメントを使って 
  ・タイムマネジメントアセスメントを使って
  ・ストレスコントロールのアセスメントを使って
  ・オリジナルアセスメントの意義と効果、作り方
 ・コーチングエクササイズ
・振り返り
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング 
3日目 2019年1月20日(日) ・超実践・コーチングスキルアップトレーニング
 ・リクエストされたコーチングスキルを瞬時に使う
  ・承認、フィードバック、個別対応、質問、提案、リクエスト、所感を伝える
・総仕上げのコーチングエクササイズ
  実践1/チームコーチングエクササイズ
      コーチ役二人、クライアント役、オブザーブ役
  実践2/三人一組でコーチング→三人で検証→もう一度リトライ&振り返り
・三ケ月間の振り返り、宣言
※HW/学んだことを実践、ファンデーションを整える
※相互コーチング