株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >NEWS
  • >セミナー情報
  • >【終了しました】6月24日(土) コーチングセミナー開催「第2回 レッツ! コーチング・カンバセーション!」10時~17時
セミナー情報

【終了しました】6月24日(土) コーチングセミナー開催「第2回 レッツ! コーチング・カンバセーション!」10時~17時

2017.06.30

【セミナーを終えての感想(猪俣恭子)】

6月24日(土)コーチングセミナー「レッツ! コーチング・カンバセーション」を開催しました。全20名での場でした。
参加くださった皆さん、ありがとうございました!
その場に集中したあまり、写真を撮るのをすっかり忘れました。

一日の内容は次のとおりです。
「“お役にたとうと一生懸命のあまり
 残念なコーチングになってしまっている”デモンストレーション」
「PCCマーカー(ICFプロフェッショナル規準のコーチングになっているかどうかのリスト)を
 よみとくためのデモンストレーション」、
そして午後は3グループに分かれてのコーチングエクササイズ。

今回のセミナーでこだわった一つは、このコーチングエクササイズです。

大方、通常のエクササイズの進め方は、コーチングしてフィードバックを受けて終わり。
しかし、それらのフィードバックを活かすべく、再び短い時間でもコーチングをして、
「できた!」というプチ成功体験を持ち帰ってもらうというものです。

ところでPCCマーカーは無味乾燥なものと捉えられがちですが、
それは非常にもったいないです。

「コーチは相手の目標達成をサポートする。
 そのプロセスで、クライアントは自ら考えたくなり、自ら決められるようになり、
 行動したくなり、行動し、その結果を振り返ることもできる」

そんな成果をつくるのが、コーチングというコミュニケーション。
どうしてそう関わられると人はそうなるのか、
ひとつひとつの「訳」や「根拠」がPCCマーカーに繰り広げられています。
心理学や脳科学的に言われていることにも紐づきます。
PCCマーカーの全49項目の内容は、
それぞれが絡み合って、私にはひとつの物語のように見えます。

コーチングというコミュケーションの「基本の“き”」ができるようになると、
より効果的に相手の相談にのれるようになるし、
相手にとってわかりやすい教え方ができるようになるし、
指示命令だって、より相手に伝わりやすいようにできるはずと確信しています。

セミナーのこれからの構想、尽きることがありません。
あらためて素敵な場をともにつくった皆様、ありがとうございました!
楽しい一日でした。感謝いたします!