株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >NEWS
  • >セミナー情報
  • >【終了しました】【定員を30名にしました】12月17日(土) コーチングセミナー開催「レッツ! コーチング・カンバセーション!」
セミナー情報

【終了しました】【定員を30名にしました】12月17日(土) コーチングセミナー開催「レッツ! コーチング・カンバセーション!」

2017.04.13

12月17日(土)にコーチングセミナーを開きます。
タイトルは、『レッツ! コーチングカンバセーション!』。

タイトルどおり、コーチングエクササイズをしながら、コーチとしてどのようなコミュニケーションアプローチができるのか、その可能性を参加者の皆さんとともに探求するセミナーです。

当初は定員を20名にしていましたが、多くの方にお申込みいただき、30名に変更いたしました。
お申込みくださった皆さん、ありがとうございます。
心から感謝申し上げます。

当日は、私、猪俣に加え、コーチの友人たちもファシリテーターとして参加くださいます。
(伊藤三恵さん、歌田なざきさん、大竹史丸さん、原島敏郎さん、藤田潮さん、三石美和さん)
先日、グループごとのファシリテーションの練習をしました。
一部再現しますと・・・

  「猪俣さん、さっきの質問がきっかけで、Aさんに気づきがあったよね。
   でも、それって、猪俣さんがAさんを知っているからこその質問でしょ」
  「うん、そうそう」
  「じゃあさ、もしも、猪俣さんがAさんと初対面で、Aさんのことを全く知らなかったら、
   どんな会話の展開になっていくの?」
  「ん? ああ、そうだね・・。じゃあ、こういうのはどう?
   私がAさんと初対面だという設定で、もう一回コーチングしてみようか」
  「いいね、面白そう!」

そうして再度コーチングをした結果、
私の中からは想定もしなかった質問が生まれ、
その質問からAさんからは、ご自身も想定していなかった答えが導きだされたのでした。

これは「探求」のごくごく一場面ですが、
このような感じで当日はひとつの会話の素材を丹念に見ていきたいと思います。

一人の仲間が言いました。
「フィードバックして終わり、にはしたくないよね」
本当にそうです。
コーチ役をしていただいた方には、その貢献に心から感謝し、この場に参加したからこそ、コーチングがさらに面白くなり、もっと学びたくなり、もっとスキルアップしたくなる・・・。
そのような期待と可能性と喜びあふれる場になればよいな・・・と思っております。

当日お会いできるのを楽しみにしております!

開催日 12月17日(土) 13時~17時(受付開始12時30分)
場 所 あうるすぽっと (東京都 池袋)
定 員 30名
参加対象の方
 ・ひととおりコーチングを学んだ方。
 ・今現在、コーチングを学んでいる方。
 ・既にコーチングの仕事をしている方。
 ・コーチングをマネジメントや業務に活かしている方。
 ・将来、プロのコーチとして仕事がしたいと思っている方。
 ・相手がよりよくなるように、コーチングを活かしたいと思っている方。
 ・現在持っているコーチの資格の次のレベルを目指したいと思っている方。
 ・何よりも、真摯にコーチングに取りくみたいと思っている方。
内 容 
 ・コーチングエクササイズ実施 (1グループ5人程度)
 ・エクササイズ振り返り
  ・オブザーバーのフィードバック
  ・ベテランコーチによるフィードバック、解説
  ・コーチ役のスキルアップに向けて、同じ場面をコーチングアプローチを変えて、
   今一度コーチングをすることで、before&afterを体験、さらに検証
 ・全体振り返り
参加費用 5,000円
申し込み
 「お問い合わせ」ページよりお申込みください。
  「お問い合わせ内容」に「レッツ! コーチングカンバセーション!」と
   ご入力ください。 

・・・・・
◎参考/今までコーチング勉強会に参加された方たちの感想
 ・色々な視点からフィードバックを伝えていただき、「人を活かす」という意味での視点が
  増えました。
 ・私たちへの改善点であっても、事実を中心に建設的な方法でアサーティブに伝えてくれた
  ので受け入れやすかったです。場をネガティブな雰囲気にしないという話し方を真似した
  いと思いました。
 ・参加者一人ひとりへの接し方にリスペクトが感じられ、参加意欲が高くなりました。
 ・承認する言葉をたくさんいただきましたが、決して嫌味に感じませんでした。このような
  承認ができるようになりたいと思いました。
 ・参加者の発言に対し、的確に質問やコーチングをしてくれるので、その場が非常に充実し
  たものになりました。
 ・エクササイズの後の論理的な解説がわかりやすかったです。
 ・受講後、クライアントの方から「コーチングが変わりましたね」と言われました。起きる
  気づきの深さが違ってきたそうです。
 ・以前よりも、クライアントの話を言葉だけを追うのではなく、言葉の背景にあるもの、価
  値やニーズ、感情も含めて、聞きとれるようになりました。
 ・コーチしよう!と前のめりになっていたのが、リラックスしてコーチングに臨めるように
  なったのが、一番の収穫です。
 ・クライアントから次の感想をいただきました。
  「以前は周囲の小さなことが気にかかり、集中できないことが多かった。○○さんのコー
   チングを受けるようになってから、相手は相手と認め、自分ができることは何かと考
   え、動けるようになった」と。
  学んだことが、自分のコーチングセッションで活かせた成果と思います。
◎コーチ座コーチとは
 コーチングがもっと上手になりたい!
 そう思う方のために「コーチ座コーチ」という名前でコーチングの勉強会を開きました。
 キャッチフレーズは、“Make it fun!”。
 “座”というのは、多くの人が集まるところ、という意味があります。
 本気でコーチングに取りくむ気持ちがある人が集い、学ぶことも、チャレンジさえも軽やか
 に楽しむ。
 参加者一人ひとりは、その場のかけがえのない存在。
 ともに磨きあう関係がそこに生まれるからこそ、コーチングの知識やスキルがより早く自分のものに
なります。
 そのような願いを込めた学びの場です。