株式会社ストーリー アイ 研修・女性活用・リーダーシップ・コミュニケーション・コーチング

  • TOP
  • >事例・実績

事例・実績

事例

資材メーカー

研修名 部下育成研修
対象者 管理職(約500名)
実施時間(期間) 基本研修2日間 フォロー研修1日間
導入のきっかけ

管理職が預かる最重要資源は「人」、つまり部下です。
管理職による部下育成は、従来、目標管理制度をベースにOJTで行われていました。しかし、その指導方法は個々に任されており、管理職によって部下の能力の発揮に大きな差がありました。
この問題を解決すべく、全管理職がコーチングスキルを習得し、統一した方法で部下を育成し、人間尊重の組織風土の実現と業績向上を図る事を目的に研修が導入されました。

成果

(1)在庫をいかに減らすかは重要な課題でしたが、あれこれ手を尽くしてもなかなか減ることはありませんでした。今まで、部下との会話は進捗の確認のみで終わっていましたが、部下への「問い」を変えたことにより、部下が自ら考え、アイディアを話すようになりました。最終的には、在庫が60%減るという成果が得られました。

(2)人によってやる気がでる仕事の任され方が違うことを学ぶことにより、今まで事細かに進捗を確認していましたが、部下に対し、思い切って仕事を任せるようになりました。すると、こちらが想定していた以上の開発結果を部下がだすようになり、自信もついたのか、同じチームメンバーの相談によくのるようにもなりました。結果、チームとして最良の開発結果がだせ、社内で表彰を受けるまでになりました。

印刷会社

研修名 リーダーシップトレーニング
対象者 工場勤務 リーダー的立場の社員 16人
実施時間(期間) 毎月1日間 1年間 計12回
導入のきっかけ

本来、工場は本社と連携しながら効率的に業務をすすめることが理想です。しかし、工場勤務社員の表現不足もあり、本社の営業に現場の問題や課題を上手く伝えられない状況でした。結果、現場の根本的な解決にいたらず、工程上のトラブルがなかなか解消されなかったのです。
このように半ば指示待ち姿勢の社員を「自ら考え、行動できる」人材に育てていきたいという背景からコミュニケーショントレーニングが導入されました。

効果

(1)自分たちから、すすんで声かけをするようになったことで、以前と比べようもないほど、職場での会話の量が増えました。現場で問題が発生したときは、今までは社員が一人で抱え考え込んでいましたが、周囲と相談しあいながら、知識をお互いに提供しあいながら問題解決にのぞむようになりました。結果、生産ラインがとまる総時間数が減り、作業効率があがりました。

(2)仕事を通して自分を成長させるという、キャリアビジョンに基づいた目標がたてられるようになりました。部下や後輩に対しても、そのような目標設定ができるようになり、お互いに質のいい仕事をしようとプロ意識が高くなりました。結果、昇格試験を目指すようになり、自己啓発にも取り組むようにもなりました。

金融機関

研修名 新入社員指導者研修
対象者 新入社員の指導係 (約200名)
実施時間(期間) 4時間
導入のきっかけ

新入社員が職場で最も影響を受けるのは、自分の指導係です。指導係の役割は、新入社員に仕事を教えるのはもちろんのこと、新しい環境(職場や人間関係)に慣れるための相談役も兼ねています。
しかし、指導係から次のような不満をよく聞きます。「もっと新入社員から相談してくれればいいのに」と。また、新入社員の積極的な態度が見られないことへの不満もありました。一方、新入社員からは、先輩が忙しそうなので声をかけづらい、質問しづらい、という悩みも聞きます。
そこで、次の目的を達成するために研修導入を決めました。ひとつには、指導係が会社から期待される役割をスムーズに果たせるようになること。もう一つは、指導係を経験することで、将来必要となる「人材育成力」も備えるということです。もちろん、新入社員の定着、早期戦力化も同時に目指すこととしました。

効果

(1)相手が受け取りやすい言葉や報告の仕方の特徴が把握できたので、落ち着いて仕事を教えることができるようになりました。結果、新人が仕事を習得するスピードがあがりました。

(2)具体的にどのように関わると、早期に信頼関係が築けるのかはっきりわかったので、自信をもって新入社員に教えられるようになりました。また、研修中に取り組んだケーススタディと同様な場面があったので、動じることなく相談に応じられるようにもなりました。新人が職場や仕事にれるのも、従来より早く報告連絡相談がきちんとできる一人前の社会人に成長できた、という結果が得られました。

実績

株式会社近鉄エクスプレス、協和発酵キリン株式会社、三井金属鉱業株式会社、東京鋼鐵株式会社、
三井住友海上火災保険株式会社、株式会社平和、株式会社ルネサンス、大手自動車メーカー、株式会社大成、
岡三証券株式会社、大鵬薬品株式会社、株式会社足利銀行、真岡信用組合、栃木県社会福祉協議会、
日本印刷技術協会、東京都印刷工業組合、本田技研労働組合、ニコン労働組合、シャープ労働組合、
東京都、埼玉県、千葉県、税務大学校、人事院関東事務局、東京大学、千葉大学、東京学芸大学 他多数