株式会社ストーリー アイ blog 部下育成のヒント

お問い合わせはこちら

コーチングスキル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未来のリーダーシップの鍵は、ストーリーテラー

2019.02.21猪俣恭子

今日は、日経新聞の記事「私のリーダー論」を紹介します。
早稲田大学ビジネススクールの
入山章栄准教授へのインタビューからの内容です。
(2018年12月27日付)

・・・・・・・

現在、経営学の世界で重要視されているリーダーシップの考えは、
2つあります。
一つがトランザクショナル・リーダーシップ。
質の高い管理型のリーダーのことで、
部下のことをきちんと把握し、
的確な信賞必罰を行う。
部下はそれに応え、上司のために一生懸命働くという、
取引関係を前提としたものです。

もうひとつが、トランスフォーメーショナル・リーダーシップ。
一言でいうと啓発型です。
ビジョンや長期の方向性を示し、
部下の知的好奇心を刺激してワクワクさせて、
一緒に巻き込んでいくリーダーです。

両方とも重要ですが、
特に変化が激しくイノベーションを起こさないと生き残れない現代は、
後者のほうがより重要です。

一般に、日本の経営者はビジョンを徹底的に語る人が多くありません。
一方、業績を上げているグローバル企業の経営者は、
語ることを重視しています。
英蘭ユニリーバのポール・ポールマン最高経営責任者は、
世界各地の拠点を回り、
「ユニリーバは衛生の会社であり、我々は世界の衛生問題を解決する」
ということを説いています。
ある意味、宗教家のようです。

現代の優れた経営者に共通しているのは、
ストーリーテラーだというこです。
ビジョンを心から信じていて、
周りにも「面白いでしょ、ワクワクするでしょ、
だからちょっと大変かもしれないけど一緒に進もうよ」と言って、
納得させることができる。

そしてもう一つの共通点は、
徹底的に学習する。
経営者自身も知の探索をするということです。

これまでの組織のあり方は、
頂点にリーダーがいて上意下達という構造でした。
しかしもう少し世の中が変わると、
複数の人がリーダーの役割を同時に果たして中心がない、
自律分散的な形になると考えられています。

・・・・・・・・・・・

未来のリーダーシップの鍵は、ストーリーテラー、
というところでしょうか。
「何をせねばならないのか」よりも、
「それをしてどうありたいのか」を語ること、語れること。

以前からストーリーテリングの重要性を思っていた故、
こちらの記事を引用しつつ、
部下育成等の研修で扱っていこうと思います。
次回のテーマもストーリーテリングです。

・・・・・・・・・

storyI
storyIは、働く一人ひとりが「働きがい・夢・希望」が描ける組織づくりをサポートします。
コーチングサービス
リーダーシップを効果的に効率的に習得するコーチングプログラムです。
研修サービス
効果的な部下育成、チームマネジメント、キャリアデザインと、
受講者一人ひとりの成長と変化を約束する研修プログラムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加