株式会社ストーリー アイ blog 部下育成のヒント

お問い合わせはこちら

リーダーシップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人にイライラが募って仕方がない時~抱え込む自分に気づく

2017.12.22猪俣恭子

いつぞやの新聞記事だったか・・・。
日経夕刊の切り抜き記事が出てきた。
人間関係に煩わさしを感じる方にとって、
このうえもないサプリメントにもなる内容。
そのまま転載したい。
なお、書かれた方は、
ピースマインド臨床心理士 渡辺真里子さんだ。

・・・・・・・・・・

抱え込む自分に気づく

入社三年目のA子さんは、新入社員に優しくできず、悩んでいた。
ささいなことでイライラし、声を荒げてしまう。
後輩は一生懸命で、ミスも笑ってすませられる程度なのに。
上司や同僚からは、「もっとおおらかに」とたしなめられるが、自制がきかない。

カウンセリング室に現れたA子さんは、ここでも「あなたが悪い」と叱られるのだろうとびくびくしていた。
そこで「その新人さんの嫌なところを全部聞かせてください」と尋ねてみた。
A子さんは「いいんですか?」と驚きながらも、堰を切ったように話し始めた。
頼りなさげなところ、それでも周囲に許されてしまうところ、甘え上手なところ・・。

言うだけ言ってA子さんの肩の力が抜けたところ、さらに尋ねた。
「そこから連想することは?」
出てきたのは「私だって」という気持ちだった。
しばしその感覚にひたってもらい、こみあげてきた思いを話してもらう。
「私だって人に頼りたい。甘えたい。助けてほしい」
 
A子さんは四歳の時に妹が生まれ、急に「お姉ちゃん」になった。
母親のひざは妹のものになり、甘えたい気持ちを禁じて、何でも自分でできる良い子になっていった。
妹のような新人社員が現れたことでつらい感情がよみがえり、思わず彼女にぶつけていたのだ。

カウンセリングを続ける中でA子さんは、自分に禁じてきたことは自分で解禁できることに気づいていった。
幼い頃は甘えられなかったけれど、今ならそれを自分に許すことができる。
仕事を一人で抱えるのではなく、周りに相談したり、助けを求めたりする。

「頼る」ことへの禁を解き始めたら、不思議と新人社員の存在が気にならなくなったという。

人に対してイライラするのに、その理由がハッキリしない時、自分の心に目を向けてみよう。
「何とかしてほしい」と心が訴えているのかもしれない。
人のことは案外気にならなくなるものだ。

・・・・・・・・・・・

今の自分を許す。
甘えるのではなく、許す。
それに向かうためには、
まず「いい子」になろうとせず、
堰をきるかのように思いのたけを話す(放す)ことも
大切なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加