株式会社ストーリー アイ blog 部下育成のヒント

お問い合わせはこちら

リーダーシップ,上司、リーダーとしてのあり方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーとして大切なのは、スキルよりもスタイル

2015.12.21猪俣恭子

タイトルは、中竹竜二さんの言葉だ。
早稲田大学ラグビー部の監督に就任後、
部員から「日本一オーラのない監督」といわれつつも、
翌年から2年連続で全国制覇を成し遂げた人。

中竹さんは次のように話している。

・・・・
リーダーになったときに、まずやるべきことは、
徹底的に自分自身を見つめること。
自分の本質を知るために、
これまで何を考えてきたか、ではなく、
何をしてきたか、という行動の面から自分を振り返ること。
自分自身があまりわかっていない状態では、
他人の考えに影響を受けてしまいかねない。
リーダーになった途端、スキルを磨こうと思う人は多い。
スキルは学べば身につく。
外部から自分の中に取り入れられるが、
スタイルは自分自身にもとから備わっている。
自分のスタイルを探すためには、
自分の良いところを探そうではなく、
自分は一体何にこだわっていて、
何が好きで、
何が嫌いなのかを見つめる必要がある。
不思議なことに、
自分自身をさらけ出せるようになると、
それに応じてその人の会社の売上も上がってくる。
・・・・

早稲田大学ラグビー部の監督時代に、
中竹さんが大事にしていたのは、
怒らない指導。
どんなことがあっても怒らずに相手の話を聞く、
というのが中竹さんスタイル。
どんなに周りから「あまい! なめられるぞ!」と言われようが、
それを貫き通した。
その一貫性がぶれない姿勢となり、
やがて部員は心を開き、信頼関係を築きながら、
全国制覇という輝かしい結果となった。

あなたのリーダーとしてのスタイルは何?

私は何だろう?
ひとつは、「部下やメンバーの愚痴は絶対言葉にしない」
こと。
何故?
そのあたりを次回は書いてみよう。
あなたが「自分のスタイル」を見つける参考になればと思う。

・・・・・・・・・・

コーチング「実践! リーダーシップトレーニング」のご案内
あなたらしいリーダーシップを見つけ、
発揮できるようになる、
3ヶ月間全9回のマンツーマントレーニングです。
部下やメンバーのやる気はどうしたら育つのか、
どうしたら目標達成に向けて行動がおきるのか、続くのか。
その答えが見つかる三ヶ月間になるでしょう。
コーチ、つけてみませんか?
詳細はこちらをどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加