株式会社ストーリー アイ blog 部下育成のヒント

お問い合わせはこちら

  • TOP
  • >強み
  • >強み探究(13)~自分の強み発見「王道は、ピンチを乗り越えた体験から」
強み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強み探究(13)~自分の強み発見「王道は、ピンチを乗り越えた体験から」

2015.11.15猪俣恭子

過去の体験は「強み」の宝庫。
特に、ピンチを乗り越えた体験。
何故ならそういう時こそ、
私たちは今までの人生で蓄えた自分の強みで、
そのピンチを乗り越えようとするからだ。
ちなみにピンチとは、
困難や障害、失敗したこと、
挫折、トラブル、アクシデントにあった時を指す。

試しに私の場合を参考までに紹介すると。

ピンチ?
前職、家業の印刷会社に勤めていた時のこと。
社長の父が病に倒れ、会社の未来が自分に託された。
会社を存続すべきか?
会社を存続しつつ、違う事業を始めて名前を残すか?
思い切って会社をたたむか?
迷いに迷って迷って迷って・・・。
迷ったあげく、最後の選択肢を選んだ。
会社をたたむという。
社員の方の力を借りながら、
お客様に事情を説明し、理解をいただいた。
信頼できる印刷会社さんに、
個々のお客様の案件は引き継がせてもらった。
社員の方が転職される際は、推薦状を用意した。
社屋を壊し、更地にし、問題がいろいろとでたが、
なんとかその土地も売却できた。
借金もなんとか返せた。
実家の相続は税理士や弁護士に依頼しながら、
数年かかって無事に終えた。
私は兄弟姉妹なく一人っ子。
母も私に任せてくれたので、
自分で決めたことを即実行に移せた。
それは幸いだった。

これが私のピンチ体験。
ここに潜む強みは何だろう?

決断力? 行動力? リスクを取れる? 
責任とれる? 率直に依頼ができる? 
目的からぶれることなく達成できる?

と、一人勝手に想像。
できることなら、この体験を信頼できる友人に話して、
友人から自分の強みがどんなこところにありそうか、
教えてもらうといい。

また、次の質問は
あなたがより自分の強みを探究するのに
助けになるだろう。

 (1) あなたがピンチ(困難や障害)を乗り越えた体験は何?
 (2) あなたは、それをどのように乗り越えたのか?
 (3) その体験からあなたが学んだことは?

特に(3)の質問ででてきた答えは、
新たに自分の強みになっている可能性が高い。
ちなみに私は、「手放す」「あきらめる」ということ。
自営業にとって家業の会社という存在は、家族同様。
自分の分身のようなもの。
それを閉じるというのは、相当辛かった。
しかし、実際に閉じられたということは、
何がなんでも失いたくないものでも、
「手放せる」ことを身を持って学べたのだ。
結果、物事にいい意味で執着しなくなった。
「手放す」ことは、人間関係においても、仕事においても、
物事の優先順位を決めるうえでも、何か決断する場面でも、
私の強みとして顔をのぞかせている。

さあ、今度はあなたの番
あなたの強みを発見しよう。
それは、うっすらと埃をかぶっているかもしれない。
転がったままになっているかもしれない。
何かの陰に隠れているかもしれない。
すごく近くにありすぎて、見えなくなっているかもしれない。

あなたの強みは、
あなたに見つけられるのを、わくわくしながら待っている!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーチング「実践! リーダーシップトレーニング」のご案内
あなたらしいリーダーシップを見つけ、
発揮できるようになる、
3ヶ月間全9回のマンツーマントレーニングです。
部下やメンバーのやる気はどうしたら育つのか、
どうしたら目標達成に向けて行動がおきるのか、続くのか。
その答えが見つかる三ヶ月間になるでしょう。
コーチ、つけてみませんか?
詳細はこちらをどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加