株式会社ストーリー アイ blog 部下育成のヒント

お問い合わせはこちら

リーダーシップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手放したほうがいいこと~みんなから好かれたい、嫌われたくない

2015.06.04猪俣恭子

会社員の頃は、
たくさんのフィードバックをもらいました。
嬉しいものもあれば、
心が痛むものもありました。
今でも記憶に残っているのは、

「猪俣さんは、同じミスをしても、Yさんには優しいけど、
 私には厳しいですよね!」

これは相当きつかったです。
「お姉ちゃんのほうが好きなんでしょ!」
と、子どもに泣きつかれる親の気持ちが、
よーくわかりました。(苦笑)

いずれにしても、
上司やリーダーになったら、
何をやっても言っても、
周りから都合がいいように言われます。
それが「普通」なのです。

  嫌われたらどうしよう、と思うんです。
  嫌われたくないので、
  なかなか注意できないんです。

よく聞きます。
その気持ちもよくわかります。
人から嫌われることは、
生きていて一番怖いことだと思います。

でも、上司やリーダーになったら、
それは手放す。
誰からも好かれたい、という気持ちを手放す。
その代わりに、
部下やメンバーと一緒にたどりつきたい目標やゴールに向けて、
今、何をすべきかに集中する。
そのプロセスにおいて、
部下やメンバーが発揮できる強みはなんだろう、と思いをはせる。
ゴールを達成して
共に達成感や喜びを味わっているシーンを
描き、語る。
自分が成功することも大切です。
それと同じくらいに、
後輩や部下やメンバーも成功体験が得られるように、
日々、配慮していく。

不思議なことに、
そういうことを、こつこつ、こつこつとやっているうちに、
プレッシャーやストレスがとっても低くなります。
適度な緊張感もありながら、ご機嫌なあなたになっています。
部下やメンバーのささいな振る舞いや言動に影響されなくなるので、
そんな自分が「いい感じじゃない」と、
さらに自分のことが好きになります。
そういうあなたを見て、部下やメンバーは、
「あの時はあんなふうに言ったけど、
 だけど、やっぱりこの上司(リーダー)は、
 いい人だ。(一目おける人だ)」
と口にこそだしませんが、
心のうちではそう思うようになります。
やがて、職場やチームの目標達成に向けて、
今、自分ができることをはつらつと取り組むようにもなるでしょう。

上司やリーダーがすることは、
部下やチームの成功の物語を描くこと、語ること。
その幕を切って落とすのが、
「誰からも好かれたい」
という思いをえいやっと手放すことです。

本当に不思議なんですよ。
それを手放すと、
いつのまにか「誰からも好かれる」ようになっていますから。

どうぞ、それを信じて。
上司やリーダーという立場を通して、
強くしなやかに成長していくあなたでありますように。

◆◆◆◆◆

コーチング「実践! リーダーシップトレーニング」のご案内
あなたらしいリーダーシップを見つけ、
発揮できるようになる、
3ヶ月間全9回のマンツーマントレーニングです。
部下やメンバーのやる気はどうしたら育つのか、
どうしたら目標達成に向けて行動がおきるのか、続くのか。
その答えが見つかる三ヶ月間になるでしょう。
コーチ、つけてみませんか?
詳細はこちらをどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加